RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

豊田シティバレエ団 ブログ

<< バレエ一人旅 | main | ロシア公演2011年2月 >>
エルミタージュ公演 一人旅NO3
0
         一人旅NO3

      3年に一度、バレエの本場サンクトペテルブルグ市のエルミタージュ劇場での5回目の公演を行いました。
    その前に、2月15日の名古屋発で、ベルリンの第八回タンツオリンプに3名の生徒が参加しました。今回は、参加者が多く800曲(900名)の参加で、日本人は海外組を含め約30名が参加いたしました。日本側の審査委員は、安達悦子さんが行い、参加者が多かったせいで、審査委員は深夜まで審査をすることになりました。
    同行の脇田紗也加が見事ジュニアーの部で、第一位となりました。

    さて、ペテルブルグでは、毎日が一杯のスケジュールで、20日着で、21日は、エカテリーナ宮殿の観光を行い、22日は、ペトホフスタジオで基本レッスンとリハーサルと買い物
    23日は、ペトホフスタジオでワガノワ名誉教師のマンスール先生の指導も受けました。
    夜は川端総領事の歓迎パーティーが行われ、ワガノワバレエアカデミーやバレエ関係者も招待されました。私たち30名と来賓とで約50名ほどになりました。
    また23日は、ワガノワアカデミーの見学で、丁重な歓迎とパフォーマンスを見せていただき生徒たちは、驚きと感激でくいるように見ていました。
    そして、エルミタージュ劇場でのリハーサルと休む暇もなく生徒はスケジュールをこなしました。24日は、マリインスキー劇場で[シンデレラ]全3幕公演が行われ参加者45名が鑑賞した。海外でバレエ公演が体験でき、貴重な経験や色々なバレエ関係者と交流が出来る豊田バレエ学校 創立15周年益々順調 バレエを本当に学びたいのならまずはきちっと基礎練習を行う、そして正しく踊ることそれは、豊田バレエ学校の環境の良さが証明する。
    そんなこんなで、公演当日の日を迎えました。しかし、アクシデントが発生! 折も折、スペイン国王ファンカルロス一世がロシアを訪問その会場がエルミタージュ劇場となりました。私しは、生徒には知らせず、公演が出来るように劇場長にもお願いしたが、その返事は、国が決めたことには逆らえないと!。しかし私はかすかな望みを持って、お願いした。
    幸い、メド・ベージェフ ロシア大統領の側近に私の友人がいた。日本を出るときにメールしてエルミタージュ劇場で公演するから会いましょうとメールを送っていました。
    それがこうじて否か?公演を中止にならず。午後4時から会場使用の許可が出ました。
    警備は厳重で、会場の周りは厳戒態勢、町は大渋滞、私たちも一歩も自由がなく静かにホテルで待ちました。そして、朝知らせが入り会場には特別な入り口から入れと案内されました。そして、午後7:00公演が始まった。お客様は、エルミタージュの裏口の公演口から入り、350席、満席状態で詰めかけたお客様は、大声援を送ってくれました。
    奇跡が起こったかのようでした。感謝!感謝!
    3年後の2014年2月も行います。


    | - | 15:50 | - | - | - | - |