RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
--
>>
<<
--

豊田シティバレエ団 ブログ

<< 第7回国立エルミタージュ劇場・国立アリシェルナボイボリショイ劇場公演 | main |
今のバレエへの思い
0
    私は、前々から日本にもバレエ教師になるための資格試験制度を訴えてきました。
    特に地方では高校を卒業してそろそろ指導をと言われそのまま先生になってしまうケースが゜多々ある年1回や2
    回の発表会で指導者になるのはどうか? 全幕公演や大きな公演に参加したことのない方々が堂々と教えている、ヨーロッパなどでは教師の資格を取るために特別の大学で学ばなければならない、(日本にはいまだそういう機関がないバレエ芸術は野放し状態生活もできない心の貧しい日本国)そんな先生は10年か15年もするとゆきずまって教室の放棄が始まる勢いのある時はいいけれど15年もすれば生徒も築く他の教室が恨めしくなりがち次第に生徒の数も減少して、でも指導はやめられない、ついに教室の放棄が始まる。
    今全国的にこのようなことが発生しています日本のバレエ界はどうなるのか心配です。
    合併でも共同経営でもいいから存続を願いつつ教師のレベルアップにつなげたい。もう国立は無理だから都道府県単位で私立か県立のバレエ学校バレエ団の実現に向けてよい知恵を出し合いましょう。



    1月15日からサンクトペテルブルグとウズベキスタンにゆきました。
    4回グランドバレエを見ることができました。ラ バヤデール 海賊 ドン キホーテ くるみ割り人形です
    とにかく出演者全員力いっぱい一所懸命に全身で踊っていました。感動しました。
    舞台作りに思う国立は劇場があるから十分に練習出来きる。地方のバレエでは全員で練習する時間も少なく寄せ合わせなので本番しか男性が来ないとかいろいろと大変なことを、かいくぐって公演をしている現状だ劇場予約取り思う日が取れない、自社劇場があれば、ドレスリハーサル、照明リハーサル、オケリハーサルなどなど条件が整っているからこそ素晴らしい舞台につながる。











    | - | 14:48 | comments(0) | - | - | - |